勝手にOVA脚本
おジャ魔女どれみドッカ〜ン! 8・5話「のぶちゃんの失恋」(仮題)

ペペロン
9-dream@pop06.odn.ne.jp
http://www95.sakura.ne.jp/~z9-dream/

【1】(教会の中)
       で、結婚式が行われている。神父が進行をする。
  神 父「新郎、信彦」
       スーツ姿の信彦が神妙にこたえる。
  信 彦「はい」
  神 父「汝、横川信彦は、妹尾あいこを妻とし、貧しいときも、 富めるときも、病め
    るときも、健やかなるときも、その命ある限り、妻として愛することを誓い
    ますか?」
  信 彦「誓います」
  神 父「新婦、あいこ」
     ウェディングドレス姿のあいこが神妙にこたえる。
  あいこ「はい」
  神 父「汝、妹尾あいこは、横川信彦を夫とし、貧しいときも、 富めるときも、病め
    るときも、健やかなるときも、その命ある限り、妻として愛することを誓い
    ますか?」
  あいこ「誓います」
  神 父「それでは指輪の交換を……」
       幸せそうに指輪交換をする二人。
【2】(教会の遠景)
       鐘の音が鳴り、新しい夫婦の誕生を祝福する。     

    ×  × (オープニング) ×  ×

【3】(あいこの部屋)
       で、あいこが勉強机に座っている。
       机の上にはノートが一冊。表紙には『二人の秘密 作:横川信子』と書いて
       ある。あいこは何気ない風にノートを手に持ち、開きかける。
  あいこ「絶対1人で見てって言うてたけど、なんでやろう」
       ×  × (あいこの回想シーン・開始) ×  ×
【4】あいこの回想シーン(美空小・全景)
【5】あいこの回想シーン(美空小・校舎裏)
       美空小のチャイムが鳴っている。
       あいこが校舎裏に着くと、信子は既に待っていた。
  あいこ「どないしたん信ちゃん。こんなとこに呼び出して」
       もじもじしている信子。少し挙動不審でもある。
  信 子「あ、あのっ……。この間の漫画、どうだった?」
  あいこ「ああ、ごめんなぁ。あの本、まだ返してへんかったよね」
  信 子「ううん、それはまた今度でもいいの」
                                   ― 1 ―
  あいこ「めっちゃ面白かったで。特に林野君がダークアゴーって、そのまんまやん。
      ちょっと酷いんちゃう? あははっ。特にハナちゃんは自分が主人公やから
      大喜びしてたわ」
       身振り手振りを加え、みんなで漫画を楽しんだ様子を説明するあいこ。
       信子は持っていたノート(ラブレター)を渡すのに緊張している。
       ノートをあいこに見せる。
  信 子「そう、よかった。それでね、新しい本が完成したの。今度のは久々に漫画じ
      ゃなくて小説なの、それでね……」
      何も知らないあいこは、いつもの明るい調子で言う。
  あいこ「え、ホンマ? ありがとう。いや〜、今度はどんなお話なんやろなぁ。MA
      HO堂のみんなも喜ぶでぇ〜」
  信 子「あのね、この本は、他の人には見せて欲しくないの」
  あいこ「え、なんで? 信ちゃんの小説、面白いからみんなで楽しまな損やん。それ
      に後で私だけ読んでたことがバレたら、どれみちゃん達にコラ〜ッて怒られ
      てまうわ〜」
       信子は真剣な顔になり、強く懇願するように、
  信 子「この本はみほみほにも誰にも見せてないの。あいちゃんだけに読んで欲しい
      本だから……」
       少し間があり、信子の気迫に押されて同意する。
  あいこ「うん、わかった」    
       不思議顔のあいこ。信子の真意には気づいていない。
       ×  × (回想シーン・終了) ×  ×
【6】(あいこの部屋)
       回想前の続きで、ノートを開くあいこ。
       中身がラブレターであることに気づき、驚く。
  あいこ「あっ……」
       ノートを開くと、左の裏表紙にはラブレターがテープで貼られている。
       そして右のノート部分には、ラブレターに向いている大きな矢印と、可愛
       い文字で『あいちゃんへ(ハートマークと女の子っぽいイラスト)』。
       信子の真意に気づき、真面目な気持ちでラブレターを開ける。

       ×  × (タイトル表示) ×  ×

【7】(美空小・全景・昼)
【8】(美空小・廊下)
       翌日、昼休みのチャイム。
       信子が六年二組に向かって走る。
【9】(美空小・六年二組・昼休み)
  信 子「あ・い・ちゅ・わ〜〜〜〜〜〜ん」
       あいこの席に向かってジャンプする信子。
  信 子「ぐげっ……」
       席は空席で、目標物を見失った信子は、そのままズザーッと床を滑ってし
       まう。
       周りのクラスメイト、はづきとおんぷはその様子に目が点。
                                   ― 2 ―
       はづきとおんぷ、気を取り直して。
  おんぷ「信子ちゃん、相変わらず元気ね」
  はづき「だいじょうぶ?」
       信子復活して。
  信 子「あ〜〜ん、こんなの平気よぉ。それより、あいちゃんは?」
  おんぷ「あいちゃんなら、ちょっとおトイレだって」
  信 子「そうなんだ。じゃあ、ここで待たせてもらおうかしら。あいちゃんの席、う
      ふふっ」
       嬉しそうにあいこの席に座る。
  信 子「そうそう二人、あいちゃんから何か聞いたりしてない」
  はづき「別に何も聴いてないけど……。おんぷちゃん、あいちゃん何か言ってたっけ?」
  おんぷ「私も何も聴いてないけど。信子ちゃん、何かあるの?」
       信子、しどろもどろになりながら、白々しく、でも嬉しそうに言う。
  信 子「え、え、いや、別になんにもないんだけどねぇ〜」
       昼休み終了のチャイムが鳴る。
  信 子「あ、チャイムも鳴ったしクラスに帰らなきゃ。それじゃあねぇ〜、あいちゃ
      んによろしく〜」
       急いで六年一組に帰る信子。
  はづき・おんぷ「あやしぃ〜」
【10】(美空小・全景・夕方)
【11】(あいこの家・全景・夜)
【12】(美空小・全景・昼)
【13】(美空小・廊下)】
       昼休みのチャイム。
       信子が六年二組に向かって走る。
【14】(美空小・六年二組・昼休み)
  信 子「あい・ちゅわ〜〜〜〜〜〜ん」
       手を広げバレエを踊るようにクルクル回り、席に座っているはずのあいこ
       を捕まえようとする。
  信 子「ぐげっ……」
       が、あいこがいないので空回りし、勢いが止まらず壁に激突。
       ギャグ調で明るいが、昨日より少し勢いは弱い。
       周りのクラスメイト、はづきとおんぷはその様子に大きな汗マーク。
  はづき・おんぷ「だはぁ〜(汗)」
       信子、復活して、少し脅迫気味に、
  信 子「あいちゃんは?」
       はづきとおんぷ、気を取り直して。
  はづき「あ、あのね、あいちゃん午後の授業で使う体操服忘れたから、さっき走って
      取りに帰っちゃったの」
       これは嘘。はづきとおんぷはあいこに信子と会いたくないから嘘をついて
       と頼まれている。理由は聞いていない。
       ×  × (回想シーン・開始) ×  ×
【15】はづきとおんぷの回想シーン(美空小・廊下)
       廊下にあいこ、はづき、おんぷがいる。
                                   ― 3 ―
       あいこ、手の平を合わせ頭を下げながら。明るめに。
  あいこ「ごめん、今日ちょっと、信ちゃんが来たら、私が出かけてて、休み時間中に
      帰ってこれへんて言うといてくれへん」
  おんぷ「別にいいけど、なぜなの?」
       あいこ、少し真剣に。
  あいこ「ホンマごめんやけど、理由は言われへんねん。お願いやし」
  おんぷ「うん、わかったわ。はづきちゃんも、いいよね」
  はづき「え、ええ」
       ×  × (回想シーン・終了) ×  ×
【16】(美空小・六年二組・昼休み)
  信 子「え〜、そうなのぉ。昨日もあいちゃんに会えなかったし、ほんとツいてない
      な」
       がっかりして六年一組に帰る信子。
       信子が帰った後、心配そうに。
  はづき「あいちゃんと信ちゃん、何かあったのかしら」
  おんぷ「喧嘩したって感じじゃあないみたいだけど」
  はづき「私たちで、何かできることないかな……」
  おんぷ「もう少し様子を見ましょう。あの二人なら、何か問題あっても、きっと自分
      達で解決することができるはずよ。ね」
  はづき「うん、そうね……」
【17】(あいこの家・全景・夜)
【18】(あいこの部屋・暗い)
       あいこが机に座っている。
       天井を見つめ、悩むような寂しそうな顔をしている。
【19】(美空小・廊下)
       昼休み時間のチャイム、信子が六年二組に向かって力なく歩く。
【20】(美空小・六年二組・昼休み)
       怯えるように入ってくる信子。
       あいこは居ない。
  信 子「あの、あいちゃんは……」
  はづき「あいちゃんは、あの、男子がサッカーの人数が足りないから入ってくれって
      言われて、それで一緒にグラウンドに行ったわよ」
       これは本当だが、あいこが信子を避けていることに気づき、気が重いはづ
       きとおんぷ。
  信 子「そうなんだ……」
       落ち込む信子。
       教室の窓からグラウンドを眺めると、男子に混じってサッカーをしている
       あいこが小さく見える。
       サッカーをするあいこを哀しげに見つめる信子。
  おんぷ「信子ちゃん……」
      心配そうにつぶやく。
      信子の背中を見つめる二人。

       ×  × (C・M) ×  ×
                                   ― 4 ―
【21】(MAHO堂・全景)
【22】(MAHO堂・店内)
       珍しくお客が来ているMAHO堂。
       あいことハナが一階でお客の対応。
  あいこ「おおきに〜、ありがとうございました〜」
       どれみ、はづき、おんぷ、ももこは二階のテーブルで商品作りをしながら
       噂話をしている。
  どれみ「え〜っ。あいちゃんと信ちゃんがケンカ〜!」
       どれみ、驚いて大きな声。
       どれみ以外のその場のおジャ魔女が一斉に。
  おジャ魔女「しぃ〜〜〜〜〜っ」
  ももこ「も〜、あいちゃんに聴こえちゃうじゃない」
  どれみ「面目ない……」
       小さくなって、しょげるどれみ。
       おジャ魔女、あいこの方を見る。
       あいこに聴こえた様子はない。ホッとするおジャ魔女。
  ももこ「ふぅ〜、聴こえなかったみたいね。それにしても、あのすっごく仲良しの二
      人がケンカするなんて信じられないね〜」
  どれみ「それで、それで、なんでケンカしたの?」
  はづき「私達も原因は知らないの。何回か、それとなく聴いてみたんだけど」
  おんぷ「それに喧嘩してるって訳でもないみたいなの。信子ちゃんはあいちゃんに会
      いにきてるし。ただ、あいちゃんは今、信子ちゃんに会いたくないみたい」
  どれみ「う〜〜ん、よくわかんないね」
  おんぷ「そうなのよ。あいちゃんが意味もなく信子ちゃんを傷つけるようなことをす
      るとは思えないし」
       全員で考え込む。
  おジャ魔女「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」
       ひょっこり現れるハナ。
       そして遠慮ない大きな声で言う。
  ハ ナ「え〜っ、なになにぃ〜? あいこと信子ちゃんが喧嘩したのぉ」
       驚くおジャ魔女。
  ももこ「わ〜っ、ハナちゃん、いつのまに!」
  ハ ナ「も〜、ケンカは悪いことなんだよ。ハナちゃん知ってるもん。よ〜し、ハナ
      ちゃんがあいこを叱ってあげる。ママのくせに、あいこはしょうがないな〜。
      ぷんぷん」
       ハナがあいこを叱りに一階へ行こうとする。
  どれみ「ちょ、ちょっとハナちゃん……」
       止めようとするどれみ。
       ハナとどれみが絡まってずっこける。
       大きな音がする。
  あいこ「なんや、なんや〜」
       音につられて二階にやってくる。
  ハ ナ「あ、あいこ。ちょっとここに来なさい。ハナちゃんが説教してあげるから!」
       ズッコケ絡まりながら。
                                   ― 5 ―
  ハ ナ「信子ちゃんとあいこは仲良しのはずでしょ〜。それが喧嘩するなんて。めッ、
      なんだからねぇ〜。反省しなさい、反省、だいたいあいこは……」
       ぶつぶつと小言のような説教が続く。
       あいこはそれを受け流し。
  あいこ「これは一体、どういうことなんかなぁ〜」
       怖い顔でおジャ魔女を睨むあいこ。
  どれみ・ももこ「いや、これは、その〜〜」
       苦笑い。汗な二人。
  はづき・おんぷ「ごめんなさい」
       恐縮する二人。
       少し間があって。
  あいこ「いや、ええねん。悪いのは、私やから……」
       あいこ、考えて。
  あいこ「うん、明日、信ちゃんと話し合う。心配かけて、ごめんな」
       決意を決めるあいこ。
       そこに、丸山みほが息を切らしてMAHO堂に飛び込んでくる。
       叫ぶように。
  み ほ「はあ、はあ、妹尾さん、いる?」
       あいこ、一階のみほがいる入り口付近へ移動。
       切迫した様子に驚くように。
  あいこ「みほちゃん、どうしたん?」
       おジャ魔女達もあいこに続いて移動。
  み ほ「信ちゃんが、信ちゃんがもう小説を書かないって」
  おジャ魔女「ええーーーーーーーーーーーーーっ!」
       驚く、あいこ以外のおジャ魔女。
  あいこ「そうかあ……」
       あいこは冷静に受け止める。
  み ほ「やっぱり、妹尾さんは何か知ってるのね」
  あいこ「それで、信ちゃんの様子はどうなん」
  み ほ「うん。さっき私の家に来て、もう漫画を作るのは辞めたいって。小説を書く
      のも辞めるからって。私にごめんって謝って、そのまま走ってどこかへ行っ
      ちゃったの。信ちゃん、泣いてた……」
  あいこ「……」
       無言でみほの言葉を受け止める。
       みほ、懇願するように目に涙を浮かべながら。
  み ほ「私じゃ駄目なの。悔しいけど、私じゃ駄目なの。妹尾さんじゃないと駄目な
      のよ。私は信ちゃんがこういう時、どこに行ったかもわからない。でも、妹
      尾さんならきっと、わかるのよね」
  あいこ「うん、信ちゃんはきっと、あそこにいる……」
  み ほ「やっぱり……。お願い妹尾さん、信子ちゃんを助けてあげて」
       詰め寄るみほ。
       安心させるように抱きとめるあいこ。
  あいこ「うん、わかった。大丈夫。あたしが、なんとかするから。安心して」
  み ほ「ほんとに?」
                                   ― 6 ―
  あいこ「絶対に。ほな、行ってくるわ」
       MAHO堂の外に勢いよく飛び出す。
  み ほ「妹尾さんには、かなわないなぁ」
       あいこの背を見ながら。
       気持ちを落ち着かせて、少し笑うように、諦めるように言う。
【23】(住宅街・夕方)
       川原に向かって走るあいこ。
       走りながらモノローグで。
  あいこ(信ちゃんゴメン。信ちゃんは私を本当に信用してくれたから、ホンマの気持
      ちを打ち明けてくれたのに、それを私は逃げてしもた。信ちゃんの信用を裏
      切ったんや。親友やのに! それが、信ちゃんを追い込んでもうた。ゴメン
      信ちゃん……)
【24】(無印六話で仲直りした思い出の川原・夕方)
       川原で落ち込み座り込んでいる信子。
       川原に着き、信子を見つけるあいこ。
       大きな声で、モノローグと繋がる感じで。
  あいこ「信ちゃん!」
  信 子「あ、あいちゃん」
       信子驚いて言う。
       ギャグ調にあたふたして、反射的に逃げようとする。
  信 子「あわわわわわ(あたふたする)」
  あいこ「信ちゃん、逃げやんとって!」
       あいこの声を受け、逃げかけて背を向けた状態で止まる。
       ここからは信子シリアス。
       背を向けながら。
  信 子「あいちゃん、どうして来たの」
       信子の背中に向かって語る。
  あいこ「みほちゃんがMAHO堂に来て教えてくれてん。それで信ちゃんを助けてっ
      て、信ちゃんが泣いてたって」
  信 子「そう、みほみほが……」
  あいこ「うん。みほちゃん、心配してたで」
  信 子「でも別に、泣いてなんかいなかったわよ」
       強がって言う。
  信 子「よくこの場所がわかったわね」
  あいこ「信ちゃん、悩んだり落ち込んだりした時、よくここに来るやん。それにここ
      は、私ら二人の思い出の場所やからな」
  信 子「そっか。そうだよね。あいちゃんは何でもお見通しか……」
  あいこ「信ちゃん、小説辞めるって言うたんやて」
  信 子「だって、もう書く意味が無いんだもん」
  あいこ「意味がない?」
  信 子「私はずっとある人に思いを伝える為に小説を書いてきたの。私は口ベタだけ
      ど、変なお話を作るのは得意だったから。でもその人はなかなか気づいてく
      れなくて、だから直接活字で、初めてお話じゃない文章を書いたの」
  あいこ「信ちゃん、あのな……」
                                   ― 7 ―
  信 子「イヤッ! 聴きたくない。あいちゃん、ずっと私から逃げてたもん。それが
      どういう事かぐらい、私だって解るわよ」
       あいこの方を見ようともせず、耳をふさぎその場にしゃがみ込む。
  あいこ「信ちゃん、聞いて!」
  信 子「いやぁぁーーーっ!」
       少し間……。
       あいこ、考える。
       しゃがんでいる信子の前に移動し、優しく諭すように言う。
  あいこ「ほな、聴かんでエエよ」
  信 子「え?」
       信子、あいこを見上げる。
  あいこ「ほら、こんなとこにしゃがんでたら、服が汚れるで」
       優しく支えて起ち上がらせる。
  信 子「うん……」
       信子も素直に従う。
  あいこ「信ちゃん、ちょっとだけ、目ぇつぶっといてくれへんかな」
       漫画で騙してキスするパターンと同じ。
  信 子「え、なんで?」
       信子は勘違いして期待する。
  あいこ「エエから、私がエエって言うまで絶対に目ぇ開けんといてな」
       信子ドキドキしながら。
  信 子「う、うん。わかった……」
       目をつぶる信子。キス待ち受け状態。
       あいこは信子の勘違いには気づかない。
       ここで魔女見習いに変身する。
       ×  × (あいこ変身バンク) ×  ×
  あいこ「プリティー・ウィッチー・あいこっちー」
       ×  × (あいこ魔法バンク) ×  ×
  あいこ「パメルク・ラルク・ラリロリポップン。あたしと信ちゃんを、走る少女完結
      編の最後のシーンへ連れて行って」
【25】(まっ黒)
       な中、信子が目をつぶっている。
  あいこ「信ちゃん、もうええで。目を開けてみぃ」
  信 子「う、うん……」
       目を開ける信子。
【26】(走る少女の世界の、教会の中)
       で結婚式が行われている。
       席には、走る少女の中で(クラスメイト等が演じる)両親や友人知人が集
       まり、これから結婚しようとする二人を祝福している。
       信子は信彦に、あいこは女子大生あいこに変身している。
       それぞれスーツにウェディングドレス姿。
       これから指輪の交換を始めるところである。
  信彦(信子)「え、ええ〜。どうなってんの〜」
       驚く信子(信彦)。
                                   ― 8 ―
  あいこ「どうって、私たちの結婚式やん。もう、しっかりしてぇやぁ」
       ここから信彦声。モノローグだけ信子声。
  信 彦「え、ああ、うん(あいちゃん綺麗……)」
       ドレス姿に見とれ、なんとなく状況に納得する。
       あいこと結婚ということもあり乗り気に。       
       信子気づく。
  信 彦(これって、私が書いた『走る少女』のラストシーンだわ。あいちゃんと信彦
      が結婚して、ハッピーエンド……)
       と、モノローグで言う。
       神父が進行をする。
  神 父「新郎、信彦」
     スーツ姿の信彦が神妙にこたえる。
  信 彦「はい」
  神 父「汝、横川信彦は、妹尾あいこを妻とし、貧しいときも、 富めるときも、病め
      るときも、健やかなるときも、その命ある限り、妻として愛することを誓い
      ますか?」
  信 彦「誓います」
     と、信彦ノリノリで言う。
  神 父「新婦、あいこ」
     ウェディングドレス姿のあいこが神妙にこたえる。
  あいこ「はい」
  神 父「汝、妹尾あいこは、横川信彦を夫とし、貧しいときも、 富めるときも、病め
      るときも、健やかなるときも、その命ある限り、妻として愛することを誓い
      ますか?」
     少し間があり、決意をする。
  あいこ「ごめんなさい」
  信 彦「ええっ!?」
       驚く信彦。
       小説と違う行動をしたので世界が止まる。
       動き、色があるのは、あいこと信彦だけ。
  あいこ「信ちゃんが私のことを好きやって言うてくれる気持ちは嬉しい。でも、私は
      今、誰かと付き合うとか、そういう気持ちにはなれへんねん」
       ここから姿は信彦、声は信子。
  信 彦「やっぱりあいちゃんは、私のこと嫌いになったんだ」
  あいこ「ちがうて! 私が信ちゃんのこと嫌うわけないやん」
  信 彦「ちがわないわよ!」
       信子が強い口調で言う。
  あいこ「信ちゃんと指輪交換はでけへんけど。その代わり……」
       信彦の額にキスする。
  信 彦「あいちゃん……」
       キスした状態のまま、魔法が解ける。
【27】(川原)
       元の姿に戻ったあいこが信子の額にキスをしている。
       唇を離す。
                                   ― 9 ―
  あいこ「友達のキス。今の私にできる、精一杯の気持ち。これやったらアカン?」
  信 子「ううん、うれしい……」
       信子、喜ぶ。
  あいこ「ほなMAAHO堂行こ。みんな心配してんで」
       あいこが信子の手を握る。
  信 子「うん」
       信子も手を握り返す。
  あいこ・信子「あははっ」
       二人とも笑顔。仲直りできて嬉しい。
       手を繋いで走り出す。
  信 子「でも、諦めたわけじゃないから」
       と、独り言のように言う。   
  あいこ「ん、何か言うた?」
  信 子「えへへ、なんでもなぁい」
       モノローグで、
  信 子(いつかきっと、ね、あ〜いちゃん)
       画面暗転……。
【28】(エピローグ・黒バック)
       の右上に丸枠、みほが生首(かバストアップ)で登場。
       みほが頬を染めながら。
  み ほ「ねえ、信ちゃん」
       黒バック左下に丸枠、信子が生首(かバストアップ)で登場。
  信 子「ん、なあに、みほみほ?」
  み ほ「あいちゃんって、かっこいいよね」
       信子が喜んで。
  信 子「そうなのよ、やっとみほみほにも解ったのね。あいちゃんって、かっこよく
      て、でもかわいいところもあって、こうギュ―ってギュ―ってしたくなっち
      ゃうのよ。何ていうか・……」
  み ほ「萌え?」
  信 子「そう、萌え。あいちゃん萌え〜〜」
       信子、みほ、二人一緒に叫ぶ。
  信子・みほ「萌え〜、萌え〜、萌え〜、萌え〜……」
       黒バック右下に丸枠、あいが生首(かバストアップ)で登場。
       ゾクッと寒気がして萎えた顔で言う。
  あいこ「うわっ、なんか急に寒気が」



                                    【完】





                                 
ぺペロンさんから頂きました、あい×のぶ小説です〜♪
あい×のぶという無印第6話から続く不朽のカップリングを
台本調のテキストで仕立てたコミカルなお話ですよね〜
ありがとうございました〜♪